Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルフレッサ、顧客情報1万726人分含むUSBメモリを鞄ごと紛失 - 鞄のみ回収

医薬品や医療機器の卸売販売を展開するアルフレッサは、顧客情報1万726件が保存されたUSBメモリを、従業員が帰宅途中に紛失したことを明らかにした。

紛失したUSBメモリは、取引先である8つの健康保険組合を通じて商品を購入した顧客情報が保存されていた。氏名、住所、電話番号、会社名、部署名、商品購入情報など1万726人分が含まれる。

2月5日、従業員が帰宅途中に鞄ごと紛失したもので、その後鞄は警察に届けられたものの、USBメモリは回収されていない。12日時点で情報の不正利用などは確認されていないという。

同社では、関係する健康保険組合および顧客に対し説明と謝罪を行うなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸