Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム対策からDLPまで対応する「XCSシリーズ」発売 - ウォッチガード

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、メールセキュリティ製品「WatchGuard XCSアプライアンス」を発表した。2010年第1四半期中に出荷を開始する予定。

同製品は、スパム対策機能をはじめ、ウイルスやスパイウェア対策機能を実現する「Zero-Hour Threat Outbreak Response」機能を搭載したメールセキュリティ対策アプライアンス。

ユーザーが設定したポリシーにより、メッセージの送信をブロックしたり、暗号化、ルートの変更、コピーといったDLP管理を行うことができる「トランスペアレント修正機能」を搭載している。

またコンテンツフィルタリング機能により、メールに記載された不正なURLをフィルタリングすることが可能。オプションとして「WebSecurityサービス」を提供。ウェブ閲覧時においても同様のセキュリティ対策を実現する。

最大500ユーザーまで対応する「XCS170」から1万ユーザ以上まで対応する「XCS1170」まで6製品を用意している。

100212wg.jpg
大規模企業向け製品「XCS1170」

(Security NEXT - 2010/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など