Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフトの著作権侵害対策でガイドライン - 当初はWinnyのみ

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)は、ファイル共有ソフトによる著作権侵害行為への対策について取りまとめたガイドラインを発表した。

同ガイドラインは、ファイル共有ソフトを利用した著作権侵害行為を行うユーザーに対し、権利者がISPに要請して、侵害行為の中止を通知するメールを送信する流れについて定めたもの。手続きの透明化した上で、ガイドラインに従い啓発活動を展開する。

当初ファイル共有ソフトについて「Winny」による通信のみとし、今後検知ツールについて技術的な検証を実施した上で対象ソフトを拡大する方針。

具体的なガイドラインの内容としては、当事者の主体や、対象情報のの範囲、プロバイダ責任制限法ガイドラインとの関係など説明。権利者による侵害ファイルの入手や確認、啓発文書の送付依頼のほか、ISPの対応手順について示した。

またISPにおいて通信の秘密を侵害する可能性があるとして、電気通信事業法における違法性阻却事由を確認する必要がある点に触れ、ファイル共有ソフト利用者が通信帯域を過度に占有し、他ユーザーの通信品質を確保する必要性があるとして、注意喚起や啓発活動について正当性があるとの見解も盛り込んだ。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
総務省、AIネットワーク化に関する報告書を公開
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足