Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃に狙われるヤフー、技術的な対策とオープンな姿勢で対抗

またアクセスしたサイトが、同社の正規サイトかフィッシングサイトであるか判別できるツールとして「ツールバー」を用意している。

同社へ9月から11月までに寄せられたフィッシングの報告数は毎月1000件弱だったが、ツールバーへフィッシング報告機能を備えたところ、12月には約3000件の報告が利用者から寄せられるようになったという。

同社コンシューマ事業統括本部EC本部今西謙太郎氏の話によれば、ログイン三兄弟やツールバーなど、アクティブユーザーの3割から4割が利用しており、安全のためにぜひ利用してほしいと話す。一方で「対策サービスも利用が拡大すれば、攻撃の対象にもなりうる」とあらたなサイバー攻撃に対しても目を光らしている。

同社メールサービス上でフィッシングメールを迷惑メールへ選別したり、同社から届いたメールへ同社のアイコンを追加するなど技術的な対策のほか、啓発活動など被害防止への対策が幅広く進められているが、さらに印象深いのは「オープンな姿勢」だ。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加