Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃に狙われるヤフー、技術的な対策とオープンな姿勢で対抗

経済産業省とフィッシング対策協議会の主催によるフィッシング対策のセミナーが、1月28日に都内で開催された。同イベントで、フィッシング攻撃によりブランドが悪用されることが多いヤフーが、同社の対策について説明した。

攻撃の対象となっている原因として、登壇した同社R&D統括本部 開発推進室の戸田薫氏は、ユーザーが多いことや、サービスの多角化により、マネタイズが容易であることを挙げ、サイバー犯罪者から狙われている現状を解説。

年末に犯罪グループが逮捕され一時減少は見られたものの、フィッシング攻撃は2009年に入ってほぼ右肩上がりだった。

100210ap5.jpg
戸田薫氏

そうしたなか、同社ではフィッシング被害を減らすためのサービスを提供している。同社内では通称「ログイン三兄弟」と呼ばれる対策だ。

ログイン時にアラートメールを送信したり、ユーザーが設定したログインシールの表示、ログイン履歴の提供など、利用者がフィッシング被害へ遭っていないか確認できる手段を提供する。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発