Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモート管理が容易になったWindowsサーバ向けセキュリティ対策ソフト - エフセキュア

エフセキュアは、Windowsサーバ用のセキュリティ対策ソフトの最新版「エフセキュアアンチウイルス WindowsサーバVer.9.00」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、ルートキット対策を提供するセキュリティ対策製品。最新版では、スキャンエンジンを変更し、検出率の向上を目指したほか、プロセスの最適化を実施。起動時間やスキャン時間を短縮し、CPUやメモリの使用量を抑えた。インタフェースをブラウザへ変更しており、リモートから設定変更やウイルススキャンが行える。

「Windows Server 2008 R2」や「Windows Server 2008 Core」「Citrix XenApp 5.0」「Citrix Presentation Server 4.5」などサポートするシステムを拡大した。

100210fs.jpg

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手