Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同社史上最高速をアピールするマカフィー最新版 - 最大8倍

マカフィーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版を2月11日より提供すると発表した。

「マカフィートータルプロテクション」「マカフィーインターネットセキュリティ」「マカフィーアンチウイルスプラス」のメジャーバージョンアップを実施するもので順次提供を開始する。既存契約者は無償で最新版へアップデートできる。

最新版では、ウイルス検出の強化やスキャン速度、ユーザビリティの向上など実施。同社では今回のバージョンアップについて、「マカフィー史上もっとも速く軽量」とし、スキャン速度が3倍から最大8倍まで高速化したと説明している。

また「ウェブダウンロードプロテクション機能」により、ダウンロード実行時にスキャンを実施し、ハードディスク上へマルウェアなどが保存されることを阻止。「URLレピュテーション」により、改ざんされたページやIPアドレスベースで安全性評価を実施し、警告表示を行う。

さらに「スマートタイマー」を搭載し、アップデートやスキャンをアイドル状態まで延期することが可能。メモリの使用量削減やディスク容量、プロセス数の削減など実施したほか、レポート機能の強化やインタフェースの改良なども盛り込んだ。

「マカフィートータルプロテクション」に2Gバイト、マカフィーインターネットセキュリティに1Gバイトの無料オンラインバックアップ機能も用意した。

同社オンラインストアの価格は、「マカフィートータルプロテクション 3ユーザ/1年版」が6980円、「マカフィーインターネットセキュリティ 3ユーザ/1年版」が5775円、「マカフィーアンチウイルス プラス 1ユーザ/1年版」が4095円。

100210mf2.jpg

100210mf1.jpg

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース