Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な部分の特定し対策を実施できるIPSソフトの最新版 - マカフィー

マカフィーは、ネットワークへ不正侵入を防止するシステムの最新版「McAfee Network Security Platform 8.0」を2月10日にリリースする。

同製品は、外部からの攻撃を防御するIPSソフトウェアの最新版。同社技術「Artemis」を搭載しており、定義ファイルが用意されていないマルウェアによる攻撃へ対応することが可能。

さらに「McAfee Risk Advisor」との統合により、管理者がネットワークの脆弱なシステムを特定する作業を支援。エンドポイントの状態や現状の対策状況から定義ファイルを用意し、パッチが適用されていない端末を保護することができる。また同社が提供する「McAfee ePolicy Orchestrator」による一元管理に対応している。

今回のバージョンアップは、リアルタイムの脅威対策や企業におけるリスク評価を行う同社の「Full Spectrum Network Defense」ソリューションの一環。今後同社では、同製品へ「McAfee Network Threat Behavior Analysis」や「McAfee Network Access Control」の追加など機能強化を実施していく予定。

(Security NEXT - 2010/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応