Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VodafoneがF-Secureを採用 - PCやスマートフォン向けに月額サービス

F-Secureは、Vodafoneグループに対し、ワールドワイドでセキュリティサービスを提供すると発表した。

今回の契約によりF-Secureでは、Vodafoneの法人顧客やコンシューマーに対して、セキュリティ対策ソリューションを月額サービスとして提供する。

具体的には、PC向けのサービスである「Vodafone PC Protection」や、スマートフォンにおけるウイルス対策やファイアウォール、盗難防止を実現する「Security for Smartphones」をVodafone経由で利用可能となる。

(Security NEXT - 2010/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設