Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyで「AdSense」スクリプトの誤検知が再度発生

Kaspersky Labs Japanは、2月5日にWindows向け製品で、正規サイトのスクリプトを誤検知し、接続を遮断する不具合が一時発生していたことを明らかにした。

Windows向け製品において2月5日10時20分ごろより、Googleの広告サービス「AdSense」で利用するスクリプトが含まれるサイトを、「マルウェア配布サイト」として誤検知する状態が一時発生したもの。

定義ファイルへ誤った情報が登録されたのが不具合の原因で、同社では14時45分ごろに修正を実施しており、不具合は解消されている。

同社では、1月25日にもGoogleの「AdSense」向けスクリプトを、トロイの木馬として検知する不具合が発生していた。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める