Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyで「AdSense」スクリプトの誤検知が再度発生

Kaspersky Labs Japanは、2月5日にWindows向け製品で、正規サイトのスクリプトを誤検知し、接続を遮断する不具合が一時発生していたことを明らかにした。

Windows向け製品において2月5日10時20分ごろより、Googleの広告サービス「AdSense」で利用するスクリプトが含まれるサイトを、「マルウェア配布サイト」として誤検知する状態が一時発生したもの。

定義ファイルへ誤った情報が登録されたのが不具合の原因で、同社では14時45分ごろに修正を実施しており、不具合は解消されている。

同社では、1月25日にもGoogleの「AdSense」向けスクリプトを、トロイの木馬として検知する不具合が発生していた。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトで顧客情報を誤表示 - FBアカウントによるログインで不具合
システム不具合でサイト登録者のメアド流出 - アルファポリス
サイトの復旧作業中に個人情報を誤送信 - テレビ朝日
個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
アサヒグループの3サイトで顧客情報の誤表示が発生
「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中
メルマガ配信システムのバグで個人情報流出 - フォントメーカー
JALで一時システム障害 - 遅延や欠航など影響
ANAのシステム障害、スイッチ故障が原因 - 予備機への切替も機能せず
ANA国内線でシステム障害 - 遅延や欠航など発生