Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

現役選手含むプロ野球関係者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西テレビ

関西テレビ放送は、プロ野球関係者102人の個人情報が保存されたUSBメモリを、従業員が外部に持ち出して紛失していたことを明らかにした。

従業員2人がそれぞれ個人情報含むUSBメモリを外部に持ち出して、紛失していたというもの。そのうち1本は拾得者の届出があり回収されたが、残る1本は見つかっていない。

未回収のUSBメモリには、現役選手11人を含むプロ野球関係者102人の氏名および住所が保存されていたという。同社では、従業員への指導および管理不備により今回の事故が発生したとして、再発防止に向けてセキュリティ体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸