Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「世界一厳しい日本の顧客に対応するためにソースコードを国内に用意」 - シマンテック加賀山氏

シマンテックは、都内で記者会見を開催し、2010年のエンタープライズ市場におけるビジネス展開を説明した。

登壇したシマンテック代表取締役社長日本担当バイスプレジデントの加賀山進氏は、アジア太平洋地域と日本における2009年第4四半期の売上高について触れ、前年同期比11%増と好調であり、全体の15%にまで成長している点を説明。同社戦略において従来より推進しているセキュリティとデータ保護分野へ引き続き注力していくことを確認した。

100205st.jpg
加賀山氏

特にデータ保護分野では非構造化データの増加が著しい点を指摘。一方でストレージの使用率が3割強と効率が悪い状況もあり、今後外部ストレージを活用したコストやエネルギー削減のニーズが拡大するとして、同社が展開するクラウドを活用したストレージサービスにおける優位性をアピール。

今後同社はエンタープライズのマーケットに対して、事業分野を分けてソリューション対応を強化するスペシャリゼーションを推進、分野ごとに特化したパートナーを獲得して販売を強化。先日発表した富士通とのグローバルパートナー契約などとともに展開していく。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
【特別企画】「WannaCrypt」を徹底検証、シマンテックとSecurity NEXTが緊急対談
NSA由来の「EternalBlue」、悪用は「WannaCrypt」より「Adylkuzz」が先 - 狙いは仮想通貨
攻撃グループ「Lazarus」の「WannaCrypt」関与であらたな証拠 - 関連ツールが共通のC2サーバを利用
「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード