Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、メールセキュリティアプライアンスの上位製品をリリース

HDEは、メールセキュリティアプライアンスの上位モデル「tapirus Mi2000」を2月26日より発売する。

同製品は、同社が開発した迷惑メール対策ソフトウェア「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンによるスパム対策機能にくわえ、ウイルス対策にエフセキュアのエンジンを採用したメールセキュリティアプライアンス。

従来より提供している「tapirus Mi1000」の上位製品にあたり、パフォーマンスの向上や障害対策機能を強化。CPUに「Intel Xeon X3440」を搭載したほか、4Gバイトのメモリ、160GバイトでRAID構成のハードディスクを搭載した。価格は79万8000円で、次年度以降は29万4000円のサポート更新費用が必要。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など