Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京国立近代美術館で開催された「ゴーギャン展2009」のサイトが改ざん

東京国立近代美術館で2009年7月から9月にかけて開催された展覧会「ゴーギャン展2009」のウェブサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同展覧会は、東京国立近代美術館やNHK、NHKプロモーションが主催したもので、ウェブサイトはNHKプロモーションが管理していたが、「Gumblar」亜種による改ざんが発生し、1月3日から2月1日まで改ざんされた状態となった。

すで展覧会の会期は終了しているが、NHKプロモーションによれば、改ざんされた期間中に1698件の閲覧があったという。展覧会主催者は、サイトを通じて利用者へウイルススキャンを実施するよう呼びかけているが、感染被害の苦情などは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス