Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京国立近代美術館で開催された「ゴーギャン展2009」のサイトが改ざん

東京国立近代美術館で2009年7月から9月にかけて開催された展覧会「ゴーギャン展2009」のウェブサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同展覧会は、東京国立近代美術館やNHK、NHKプロモーションが主催したもので、ウェブサイトはNHKプロモーションが管理していたが、「Gumblar」亜種による改ざんが発生し、1月3日から2月1日まで改ざんされた状態となった。

すで展覧会の会期は終了しているが、NHKプロモーションによれば、改ざんされた期間中に1698件の閲覧があったという。展覧会主催者は、サイトを通じて利用者へウイルススキャンを実施するよう呼びかけているが、感染被害の苦情などは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト