Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数年SSLサーバ証明書を年払で提供、設定の負担を軽減 - クロストラスト

クロストラストは、複数年SSLサーバ証明書に、あらたな支払いプラン「3年分割プラン」「5年分割プラン」を追加した。

5年間有効のサーバ証明書「EnterpriseSSL」と、3年間有効の「EnterpriseSSL for mobile」を提供するもので、年次ごとに利用継続を選択することが可能。次年度以降は継続利用の場合のみ料金が発生し、途中解約のペナルティなどは設定していないとしている。

同社では、複数年有効であるため、設定作業の負荷軽減できる一方、年払いを希望する顧客へのニーズに応えることができると説明している。

価格は、「EnterpriseSSL」が6万3000円/年、「EnterpriseSSL for mobile」が7万3500円/年。無償でSSLサーバ証明書を再発行するオプションも用意している。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション