Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月は悪用されるブランドが拡散 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの届け出状況を取りまとめた。届け出件数は減少しているが、被害に遭うブランドが増加している。

同協議会の発表によれば、1月の届け出件数は30件。2009年11月から大幅に増加した12月から8件の減少となったものの、年間を通じて見ると依然高い水準となっている。フィッシングサイトのユニークなURL数は17件減少し、24件だった。

一方でブランド名の悪用は4件増加して10件。過去12カ月で最高となり攻撃対象となるブランドが拡散している。調査対象期間には、SNSサイトやゲームサイトを狙った攻撃が確認され、同協議会では注意喚起を行っている。

100203ap.jpg

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る