Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月は悪用されるブランドが拡散 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの届け出状況を取りまとめた。届け出件数は減少しているが、被害に遭うブランドが増加している。

同協議会の発表によれば、1月の届け出件数は30件。2009年11月から大幅に増加した12月から8件の減少となったものの、年間を通じて見ると依然高い水準となっている。フィッシングサイトのユニークなURL数は17件減少し、24件だった。

一方でブランド名の悪用は4件増加して10件。過去12カ月で最高となり攻撃対象となるブランドが拡散している。調査対象期間には、SNSサイトやゲームサイトを狙った攻撃が確認され、同協議会では注意喚起を行っている。

100203ap.jpg

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple