Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺が再び増加、不正アクセス届出も倍増 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、1月のウイルスおよび不正アクセスの届出状況を取りまとめた。相談件数が大幅に減少した12月から、再び増加傾向に転じた。なかでも「ワンクリック不正請求」や「偽セキュリティソフトの押し売り行為」の増加が目立っている。

レポートによれば、1月のウイルス検出数は約7万2000件で、12月の約6万6000件から9ポイントの増加となった。同日中に発見した同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は1154件で、前月の981件から17.6ポイントの増加を見せた。検出数の1位は「W32/Netsky」の約4万6000件となっている。

不正アクセスの届出件数は20件で、12月の9件から倍増した。そのうち12件で被害が発生しており、内訳は侵入11件、なりすまし1件だった。不正アクセス関連の相談件数は67件で、そのうち34件で何らかの被害があった。

侵入被害の内訳を見ると、ウェブページに不正なコードを挿入されたものが9件、他サイト攻撃の踏み台にされていたものが2件だった。侵入の原因は、「Gumblar」に感染したパソコンからFTPのアカウント情報が盗まれたケースが1件確認されたが、そのほか8件についても確認はできなかったものの、同様の手口によるものと見られる。それ以外に、パスワードの管理不備と見られるケースが1件あった。

1月に寄せられた相談件数は2150件で、大幅に減少した12月から再び増加に転じた。その原因として考えられるのは、「ワンクリック不正請求」の増加。前月の576件から638件に増えた。さらに「偽セキュリティソフトの押し売り行為」も、7件から37件と大幅に増加した。一方、12月に6件寄せられたWinny関連の相談は、1件に減少している。

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増