Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FTPアカウント以外の情報も攻撃対象に、攻撃自動化ツールも - トレンド報告

トレンドマイクロは、1月の国内における不正プログラム感染被害の総報告数を取りまとめた。「Gumblar」関連の「TSPY_KATES」は後退するものの、不正サイトへ誘導する「JS_ONLOAD」が3位に新規ランクインしている。

レポートによれば、1月の感染被害報告数は1670件で、2009年12月の1646件からわずかに増加した。「Gumblar」で改ざんされたサイトから不正サイトを経由して感染し、FTPアカウントなどを盗み出すトロイの木馬「TSPY_KATES」は、前回トップから7位に後退。一方、改ざんされたサイトに埋め込まれ、ユーザーを不正サイトへ誘導する「JS_ONLOAD」が、3位に新規ランクインした。

また、誘導先の不正サイトからダウンロードされる「JAVA_BYTEVER」が、圏外から4位に浮上。感染すると、JREの脆弱性を悪用して別の不正プログラムをダウンロードする。

FTPアカウントを詐取する従来のものだけでなく、「HTTPベーシック認証」や「POP3」「SMTP Authentication」のアカウント情報を盗む「TROJ_WALEDAC」への感染や、偽セキュリティソフトによる金銭詐取を狙った攻撃もあらたに確認されている。

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
会員のメアドとPWを外部で確認、原因不明 - ジャパンレンタカー
セキュリティアップデート「PHP 7.2.8」がリリース