Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky Labs JapanのCSIRT機関が日本シーサート協議会へ加盟

Kaspersky Labs Japanは、同社CSIRT機関「KLIRRT(Kaspersky Lab Incident Research and Response Team)が日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会へ加盟したと発表した。

今回の加盟により、日本国内のCSIRTと情報の共有するなど組織横断的な連携を強化するという。

KLIRRTは、同社製品の機能向上のためサイバー攻撃を調査する機関。Kaspersky Labのモスクワ本部や各国に設置されたラボとの連携し、ロシアや東欧の情報配信なども展開している。

(Security NEXT - 2010/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC