Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

奈良女子大運営の情報サイトが「Gumblar」亜種で改ざん - キャッシュから問題が判明

奈良女子大学が運営する科学コミュニティサイト「まほろば・けいはんな科学ネットワーク」が、不正アクセスを受けて改ざんされていたことがわかった。利用者へウイルス感染のチェックを呼びかけている。

同大によれば、問題に気が付いたのは1月27日。同サイト内の複数ファイルが削除されるなど、改ざん被害に遭っていることが判明したという。

発覚当初よりウイルスが原因による改ざんも視野に入れ、利用者に対して注意喚起を実施したり、調査を行なったが、サーバ運営会社では不審なスクリプトの削除は行うも、セキュリティ対策ソフトのチェックで感染を確認できなかったとし、同大ではウイルス感染の危険性はなかったとして29日よりサイトを再開していた。

しかし2月2日になって本誌取材を通じ、検索エンジンに残存する1月21日付けのキャッシュから「Gumblar」亜種へ感染した形跡があり、サイト利用者へ影響があることが判明した。

改ざんの発生時期はわかっておらず、同大では1月29日以前に同サイトを閲覧した場合、ウイルス感染のおそれがあるとして、利用者に対してセキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始