Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

募金者情報が約2年にわたりネットから閲覧可能な状態に - 国連WFP協会

国際連合世界食糧計画WFP協会は、同協会が実施した「イーバンク・マンスリー募金」の募金者情報が、約2年にわたりインターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

2008年1月11日から2009年12月27日にかけて同募金へ登録した65件の情報が、インターネット上より閲覧可能となっていたもので、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、口座番号などが含まれる。

同協会の説明によれば、システムを管理する委託先のミスが原因で、1月21日に判明した。期間中に問題のデータへ2件のアクセスがあったが、募金者の情報が不正に利用されたといった情報は寄せられていないという。システムの修復を実施しており、すでに不具合は解消されている。

(Security NEXT - 2010/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金