Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害者へ「満足感」さえ与えるマッチポンプ型ランサムウェアに注意

詐欺により金銭を騙し取っているにも関わらず、巧みな演出でユーザーに満足感さえ与える「ランサムウェア」が発生している。

ドキュメントや画像、動画といったファイルを勝手に暗号化し、修復費用などをだまし取る新手のランサムウェア「W32/DatCrypt Trojan」を、F-Secureが確認したもの。

同社によれば、暗号化してファイルを利用できなくする手法は従来と同様だが、暗号化を行うと、あたかも「Windows」のメッセージに見せかけて、偽リカバリソフト「Data Doctor2010」を紹介し、身代金を要求するようないわゆる「恐喝行為」は行わないという。

ユーザーが、問題のソフトをインストールしてみると、複数のファイルを修復には有料版が必要として誘導。購入後に暗号化されたファイルを復号化することで、あたかもソフトが有用であったかのような演出を行う。

こうした被害について、同社研究機関で主席研究員を務めるMikko Hypponen氏は、「被害者が詐欺に気が付かず、さらに偽リカバリソフトを他人に勧める可能性がある」と危険性を指摘。被害を防ぐには、被害発生時に復旧できるよう定期的なバックアップが効果的と注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
JPCERT/CC、新種ランサム「Bad Rabbit」で注意呼びかけ - 被害対応依頼の窓口などアナウンス
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン