Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年のフィッシング攻撃、前年から2割弱の増加 - 一部ブランドが集中的に攻撃受ける傾向

2009年を通じて観測されたフィッシング攻撃は16万1112件に上り、前年の13万5426件を大きく上回ったことが、RSAセキュリティの調査でわかった。

同社では、フィッシング攻撃の発生状況を毎月取りまとめており、ワールドワイドで発生した2009年12月のフィッシング攻撃は1万5596件で、前月の1万 5127件から微増した。1万7900件とピークを迎えた10月と比較すれば、若干落ち着きを見せているものの、年ベースで2008年を約2割弱上回る結果となった。

100126rs2.jpg
年々増加しており、過去最悪となった

12月におけるブランドの悪用は275件と年間を通じて最高だったが、同月にはじめて攻撃を受けた企業はわずか10社で、繰り返し同じブランドが標的になっている。

年末にかけて目立った動きとしては、犯罪組織「Rock Phish」による攻撃が大幅に減少しており、同組織が好んで用いているプロキシベースの攻撃手法「fast-flux攻撃」が全体へ占める割合も前月の38%が14%へと半減した。

ピーク時は1カ月あたり1万件以上の攻撃が確認されたが、現在は3142件まで縮小している。同社の分析では、犯罪組織におけるインフラの移行が原因だと見ている。

(Security NEXT - 2010/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加