Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年のフィッシング攻撃、前年から2割弱の増加 - 一部ブランドが集中的に攻撃受ける傾向

2009年を通じて観測されたフィッシング攻撃は16万1112件に上り、前年の13万5426件を大きく上回ったことが、RSAセキュリティの調査でわかった。

同社では、フィッシング攻撃の発生状況を毎月取りまとめており、ワールドワイドで発生した2009年12月のフィッシング攻撃は1万5596件で、前月の1万 5127件から微増した。1万7900件とピークを迎えた10月と比較すれば、若干落ち着きを見せているものの、年ベースで2008年を約2割弱上回る結果となった。

100126rs2.jpg
年々増加しており、過去最悪となった

12月におけるブランドの悪用は275件と年間を通じて最高だったが、同月にはじめて攻撃を受けた企業はわずか10社で、繰り返し同じブランドが標的になっている。

年末にかけて目立った動きとしては、犯罪組織「Rock Phish」による攻撃が大幅に減少しており、同組織が好んで用いているプロキシベースの攻撃手法「fast-flux攻撃」が全体へ占める割合も前月の38%が14%へと半減した。

ピーク時は1カ月あたり1万件以上の攻撃が確認されたが、現在は3142件まで縮小している。同社の分析では、犯罪組織におけるインフラの移行が原因だと見ている。

(Security NEXT - 2010/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模