Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyが「AdSense」をトロイの木馬と誤検知

Kaspersky Labs Japanは、同社製品においてウェブサイト閲覧時に問題ないにもかかわらず、トロイの木馬を誤検知する現象が発生しているとアナウンスした。

同社セキュリティ対策製品を利用している際に、ニュースサイトなどを閲覧した場合に「Trojan.JS.Redirector.ar」を検知するもの。同社によれば、Googleの「AdSense」向けスクリプトを誤検知しているのが原因だという。

同社では、1月25日深夜より定義ファイルを順次提供することで問題を解消する方針。検知結果が誤検知によるものではなく、実際にマルウェアへ感染している可能性もあるため、正しい定義データベースを配信するまで、検知したファイルやウェブサイトへアクセスしないよう同社は呼びかけている。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
「Windows Defender」が「Yahoo!ツールバー」を誤検知か - 原因調査中
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
「Dr.Web」のスパム対策エンジンに一時誤検知の不具合
ESETでMSDEやグラフィックカードドライバをウイルスと誤検知する不具合
米McAfee、誤検知問題でコンシューマー製品利用者に補償実施 - 日本国内ユーザーへの対応は検討中
マカフィー製品でシステムファイルを誤検知 - ブルースクリーンなど複数症状
「ウイルスセキュリティZERO」で誤検知が発生、起動できなくなる不具合