Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

URLフィルタエンジンに脆弱性 - トレンドマイクロがアップデート

トレンドマイクロは、同社企業向け製品が搭載するURLフィルタエンジンに、バッファオーバフローの脆弱性が含まれ、クラッシュする可能性があるとして、21日より更新プログラムを提供している。

対象となるのは、「URLフィルタリングエンジンTMUFE 2.0 ビルド1048」「同TMUFE 3.0 ビルド1027」以前を使用している製品。

「InterScan for Microsoft Exchange」「InterScan Gateway Security Appliance」「InterScan Web Security」「Trend Micro Threat Discovery Appliance」「Trend Micro ビジネスセキュリティ」「ウイルスバスターコーポレートエディション」などの一部バージョン。

製品ごとに対応はことなり、「Critical Patch」や「Service Pack 1」「プログラムファイル」などとして提供している。コンシューマー向け製品では、ウイルスバスター2008が対象となり、2009年12月10日のアップデートですでに対応している。

また同社では、「Apache Portable Runtimeライブラリ」「Apache Portable Utilityライブラリ」にオーバーフローの脆弱性が含まれ、DoS攻撃が発生するとして、「InterScan Messaging Security Suite」「InterScan Messaging Security Appliance」など関連製品に対してアップデートを25日より提供している。

URLフィルタリングエンジンにおけるバッファオーバーフローの脆弱性および修正プログラムの提供について
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1358

APRライブラリおよびAPR-utilライブラリにおける整数オーバーフローの脆弱性について
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2076110.aspx

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大