Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBフラッシュドライブにウイルス混入、無償交換を実施 - Kingston

Kingston Technologyが販売する一部USBフラッシュドライブに、ウイルスが混入した可能性があることがわかった。

対象製品は、「DataTraveler BlackBox」「DataTraveler Secure - Privacy Edition」「DataTraveler Elite - Privacy Edition」の3製品。同社によれば、2009年12月に外部より不具合があるとの指摘を受け、問題が判明したという。

同社ではウイルスの混入を受けて、製品を使用しているユーザーに対して、テクニカルサポートを通じて、ウイルス混入のおそれがない他製品との無償交換を実施する。

今回の問題で、影響を受ける製品の出荷台数、感染していたウイルスの種類、原因など詳細について同社へ話を聞いたが、「発表以外の内容について回答できない」としている。

Kingston Technology
http://www.kingston.com/japan/

(Security NEXT - 2010/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファーストサーバ、事故調査委の報告書概要を公開 - 約10年続いた既定外作業が原因
「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
パナソニックのICレコーダー2機種にウイルスが混入
保守作業のミスで市民図書館利用者の個人情報が流出 - えびの市
バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も
ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ
オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入
オンラインゲーム「シールオンライン」のパッチにウイルス混入
ドライブレコーダー付属のSDカードにウイルス「MAL_OTORUN2」などが混入