Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、脆弱性への攻撃や改ざんからサーバを守る「TMDS」 - 仮想化環境向けにエージェントレス製品も

トレンドマイクロは、サーバを不正アクセスから防御する製品「Trend Micro Deep Security(TMDS) 7.0」を3月1日より発売する。

同製品は、サーバへエージェントをインストールすることで、OSやアプリケーションなどのぜい弱性に対する攻撃から防御できる製品。「IDS、IPS」「ウェブアプリケーションの防御」「ファイアウォール」「改ざん検知」「セキュリティログ監視機能」を備えている。

管理ツール「Deep Security マネージャ」を提供し、セキュリティポリシーの管理、レポート表示、タスクスケジュール設定、他システムとの連携など、同製品を導入した複数サーバを集中管理することが可能。

改ざん検知機能については、システムファイルだけでなく、ウェブサーバのコンテンツなどを監視対象とすることも可能で、「Gumblar」のような不正コードの挿入といったものも検知できるという。

物理サーバ、仮想化環境いずれも対応し、「Windows」「Linux」「Solaris」など主要OSに対応。さらに、仮想化環境で、ゲストOSへエージェントが導入できない場合についても、IDSやIPS、ウェブアプリケーションプロテクション、ファイアウォールなど提供するバーチャルアプライアンス製品「Deep Security Virtual Appliance」を用意している。

価格は、エージェントが8万8200円/サーバ。「Deep Security Virtual Appliance」が24万1500円。Deep Securityマネージャが249万3750円。いずれも1年間のソフトウェアの利用料やスタンダードサポートなどを含まれる。

100121tm.jpg
記者向け発表会で登壇した同社取締役の大三川彰彦氏

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず