Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、脆弱性への攻撃や改ざんからサーバを守る「TMDS」 - 仮想化環境向けにエージェントレス製品も

トレンドマイクロは、サーバを不正アクセスから防御する製品「Trend Micro Deep Security(TMDS) 7.0」を3月1日より発売する。

同製品は、サーバへエージェントをインストールすることで、OSやアプリケーションなどのぜい弱性に対する攻撃から防御できる製品。「IDS、IPS」「ウェブアプリケーションの防御」「ファイアウォール」「改ざん検知」「セキュリティログ監視機能」を備えている。

管理ツール「Deep Security マネージャ」を提供し、セキュリティポリシーの管理、レポート表示、タスクスケジュール設定、他システムとの連携など、同製品を導入した複数サーバを集中管理することが可能。

改ざん検知機能については、システムファイルだけでなく、ウェブサーバのコンテンツなどを監視対象とすることも可能で、「Gumblar」のような不正コードの挿入といったものも検知できるという。

物理サーバ、仮想化環境いずれも対応し、「Windows」「Linux」「Solaris」など主要OSに対応。さらに、仮想化環境で、ゲストOSへエージェントが導入できない場合についても、IDSやIPS、ウェブアプリケーションプロテクション、ファイアウォールなど提供するバーチャルアプライアンス製品「Deep Security Virtual Appliance」を用意している。

価格は、エージェントが8万8200円/サーバ。「Deep Security Virtual Appliance」が24万1500円。Deep Securityマネージャが249万3750円。いずれも1年間のソフトウェアの利用料やスタンダードサポートなどを含まれる。

100121tm.jpg
記者向け発表会で登壇した同社取締役の大三川彰彦氏

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構