Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のFX事業者サイトでウイルス感染のおそれ - 情報提供元サイトの改ざんが影響

外国為替証拠金取引(FX)を提供する複数事業者のウェブサイトにおいて、改ざん被害が判明した。情報提供元サイトの改ざんから被害が拡大した。

マネーパートナーズやFXCMジャパンが提供するマーケット情報ページ「経済指標カレンダー」において、一時不正なコードが挿入された状態となり、閲覧すると一時「Gumblar」亜種へ感染するおそれがあったことが判明したもの。

GCIキャピタルの投資情報サイト「Klug」にある「経済指標カレンダー」が、外部より不正アクセスを受け、1月15日朝から18日夜にかけて改ざんされたのが原因だという。

マネーパートナーズでは、GCIキャピタルと提携するオスピスを通じてデータの提供を受けており、「Klug」のデータをフレームを用いてサイト内で表示。GCIキャピタルの子会社であるFXCMジャパンも、同社より情報提供を受けていた。

いずれのサイトも、問題のページを期間中に閲覧したユーザーに対し、ウイルススキャンの実施など対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる