Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年第4四半期の「JVN iPedia」新規登録は351件へ大幅減 - 深刻度「警告」以上が9割以上

情報処理推進機構(IPA)は、2009年第4四半期における脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。新規登録件数は351件と前四半期より減少するも、深刻度が高い脆弱性が多く、注意が必要な状況が続いている。

レポートによれば、2009年第4四半期にJVN iPedia日本語版に新規登録された脆弱性対策情報は351件で、前四半期の629件から大きく減少した。

内訳は、米国立標準技術研究所(NIST)のデータベース「NVD」から収集した情報が323件と約9割を占めている。JVNから収集した情報が26件、国内製品開発者から収集した情報が2件だった。公開を開始した2007年4月からの累計登録件数は7646件となっている。

またJVN iPedia英語版には、JVNから収集したもの16件、および国内製品開発者から収集したもの2件について新規に登録した。

(Security NEXT - 2010/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
今週でサポート終了の「Windows Vista」 - 数十万台規模が国内で稼働か
2016年4Qの脆弱性登録は1571件 - 「Android」が129件で最多
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多
2015年2Qの脆弱性登録件数は1479件 - 2カ月連続で減少
2016年2Qの脆弱性登録は1762件 - 累計6万件突破
2016年1Qの脆弱性登録は1453件 - 最多は「Chrome」
2015年4Qの脆弱性登録は1619件 - 「IE」190件で最多