Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Delphi5開発ソフトをスパイウェアとして誤検知する不具合 - アンラボ

アンラボが1月12日にリリースしたエンジンで、正常なファイルをスパイウェアとして誤検知し、一部のアプリケーションが起動しなくなる不具合が発生した。

不具合があるエンジンを利用すると、Delphi5を利用して開発された通信関連のプログラムを「Rogue.Viclear.2959872」として検知し、駆除するとアプリケーションが起動しなくなる不具合が生じた。

同社ではすでに修正を行ったプログラムを提供している。同社でアプリケーションに問題が発生していないか確認するよう呼びかけている。

同社では、スパイウェアの検知にあたり誤診回避テクノロジーを適用し、誤検知を防止するほか、バックアップファイルを復元機能や自動診断除外機能の追加、スパイウェアのホワイトリスト充実など再発防止策に取り組む。

アンラボ
http://www.ahnlab.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化