Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアに対応するクラウド技術を搭載したSaaS型ソリューション - マカフィー

マカフィーは、SaaS型セキュリティソリューションの最新版「McAfee Total Protection Service v5.0」を、1月18日より提供開始する。

同ソリューションは、ウイルス、スパイウェア対策やファイアウォールなどのエンドポイント対策のほか、ウェブセキュリティやウェブフィルタリング、脆弱性診断などを提供するSaaS型の統合セキュリティソリューション。オンラインコンソール「SecurityCenter」から管理でき、アップデートやアップグレードが自動で行える。

最新版では、新種のマルウェアをリアルタイムで検知するクラウド技術「Artemis」を搭載したほか、SiteAdvisorでサイトを安全性評価とカテゴリで分類することで、フィルタリングの自動化を実現。

また、データセンターからの疑似攻撃により、外部からアクセス可能なすべてのIPアドレスの脆弱性をスキャンする脆弱性診断機能が追加された。

また、「SecurityCenter」のインターフェースを刷新しレポート機能を追加したほか、64ビット版を含むWindows 7をサポートした。価格は、1から25ライセンスの場合、6804円/ライセンスから。

(Security NEXT - 2010/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
NTTコム、閉域ネットワーク上で「Box」を利用できるサービス