Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポートが7月に終了する「Windows 2000」の移行期間を確保できる製品 - FFR

フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は、サポートが2010年7月に終了する「Windows 2000」のユーザー向けに、脆弱性対策製品を2月8日より発売する。

今回発売となる「FFR yarai脆弱性攻撃防御機能 for Windows 2000」は、プログラム実行時における不正な動作を監視し、脆弱性に対する攻撃を防御するソフトウェア。攻撃検出時にイベントログへ記録し、そのまま処理を実行させたり、プログラムを停止させるなど、2種類の保護モードを搭載している。

同社によれば、同製品の投入は、同OSの利用者へサーバ環境の移行期間を提供する試みで、12月31日に販売は終了する予定。メンテナンスは2012年末まで提供する。

価格は、2009年3月31日まで1万500円。4月1日以降は2万1000円。初年度の保守費用は購入費用に含まれ、メールによるサポートを提供。ウイルスの解析など提供するプレミアムサポートも用意する予定で年間利用料は120万円となる見込み。

100115ff.jpg

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す