Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力した個人情報が外部から閲覧できる状態に - 信濃毎日新聞

信濃毎日新聞が運営する長野県の情報サイト「信州Liveon」において、利用者の個人情報が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能になっていたのは、同サイトのリンク集およびスポーツ大会結果を投稿する際に入力された投稿者の氏名、電話番号、メールアドレスなど322件。2009年12月18日から2010年1月3日の間、外部の検索サイト経由で閲覧可能な状態になっていたという。

原因は入力されたデータの処理における設定の不備で、関係者からの指摘を受けて修正を行った。実際に外部から個人情報が閲覧されたケースは、6件確認されたという。

同社では、漏洩が確認された6人に対し事情説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大