Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センチュリー21加盟店でサイト改ざん - 関連する6社が被害

センチュリー21・ジャパンのフランチャイズチェーン加盟会社6社において、不正アクセスによるウェブサイトの改ざんが発生していたことがわかった。

改ざん被害を受けたのは、横浜のアーバン企画とコスモプラザの関連会社である「アイ建設」「アース住販」「スターライフ」「マイホーム」「ヨコハマホーム」「日立ホーム」の6社。第三者により不正なコードが追加されたため、閲覧者が不正サイトへ誘導され、ウイルスへ感染するおそれがあった。

「日立ホーム」以外の5社については、改ざん発覚後、サイトを停止し9日に事故を公表。詳細について調査を進めていた。さらに、「日立ホーム」では1月8日より1月12日まで改ざんが発生していることがわかっている。各社は、利用者に大してウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト