Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IIS」拡張子処理の脆弱性、「同6.0」へ影響 - デフォルトでは影響受けず

複数のセキュリティベンダーが、2009年末にマイクロソフトの「IIS」において、ファイル拡張子処理の脆弱性について指摘した問題で、同社では脆弱性の特定をほぼ終えているという。

問題となっているのは、IISサーバにおいて拡張子の処理に問題があり、本来実行ファイルではないファイルが実行されるおそれがあるもので、複数のセキュリティベンダーが指摘している。

マイクロソフトのセキュリティレスポンスマネージャの小野寺匠氏によると、脆弱性についてほぼ調査が終わっており、影響を受けるのは「同6.0」のみであることが判明しているという。

脆弱性の影響を受けるには、IISのセキュリティ設定を脆弱になるよう変更する必要があり、デフォルトの設定であれば影響を受けないと説明。対処については、今後アナウンスが行われる見込み。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大