Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘密分散技術によるデータ管理サービスを2010年秋に提供 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、データを分割して保護する秘密分散技術を活用したデータ管理サービスを2010年秋より提供すると発表した。

同サービスは、グローバルフレンドシップの独自アルゴリズムであるGFI電子割符を採用したデータ管理サービス。秘密分散技術によりデータの保護を実現するとして、組織外でデータを保存することへ慎重なユーザーなど含め、広くアピールしていく。

同社ではサービスの展開に先立ち、複数のデータセンターへ分散保管する実証実験を3月1日に開始する予定。認証された利用者は特別な操作をすることなくファイルを利用できるという。同社では、サービスの利用企業とインフラ提供事業者のモニターを2010年2月中旬まで募集している。

(Security NEXT - 2010/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
TCSI、秘密分散技術によるデータ分割ソリューション
IIJとトレンド、NFV環境向けセキュリティサービスを2017年度後半に実用化
パロアルト、「PAN-OS 7.1」をリリース - 「WildFire」がMac用ファイルの検査に対応
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール
クラウドで分割保管するマイナンバー取得保管サービス - TOKAIコム