Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1台から導入が可能な中小企業向け「秘文LEシリーズ」 - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、PC1台からでも導入できる中小企業向けの「秘文LEシリーズ」を発表した。第1弾として安全なデータ持ち出しを実現する「秘文LE Personal Office」を、2月26日より発売する。

同シリーズは、システム管理者のいない中小企業を対象とした製品。PC1台から導入でき、「持ち出し制御」や「暗号化」など、利用したい機能単体で導入できる。また従来の「秘文」製品との連携も可能。

シリーズ第1弾は、業務データを持ち出すための専用USBメモリ。メモリ内のデータは暗号化され、外部で参照したデータはPCに残らないため、情報漏洩のリスクを抑えることができる。

また、今回の新シリーズ提供と合わせて、「秘文AEシリーズ」の新製品として、サーバーからの不正な情報持ち出しを制御する「秘文AE ServerDefender」を提供される。持ち出し制御のほか、サーバへのデバイス接続制御やログ取得などの機能を搭載している。

(Security NEXT - 2010/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
東芝情報システム、暗号化ソリューションにデバイス制御機能を追加
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ