Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト停止のため、「Gumblar」によるウェブ改ざん関連情報求む - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、被害が広がっているウイルス「Gumblar」によるサイト改ざんについて、インシデントに遭遇した場合は同センターまで情報を提供してほしいと呼びかけている。

同センターは被害の拡大を防止するため、改ざんされたサイトの修正をはじめ、情報送信先となっているサイトの停止など調整を行うことが重要と指摘。

攻撃手法の分析、マルウェア配布サイトや盗聴情報の送信先サイトの停止など、同センターが対応を進めるため、同センターのウェブフォームやメールを通じて、改ざんの関連情報を提供してほしいと協力を求めている。

同センターによれば、「Gumblarウイルス」の改ざんに関する同センターへの届け出件数は、第3四半期は28件だったが、第4四半期には372件まで拡大しているという。

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も