Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト停止のため、「Gumblar」によるウェブ改ざん関連情報求む - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、被害が広がっているウイルス「Gumblar」によるサイト改ざんについて、インシデントに遭遇した場合は同センターまで情報を提供してほしいと呼びかけている。

同センターは被害の拡大を防止するため、改ざんされたサイトの修正をはじめ、情報送信先となっているサイトの停止など調整を行うことが重要と指摘。

攻撃手法の分析、マルウェア配布サイトや盗聴情報の送信先サイトの停止など、同センターが対応を進めるため、同センターのウェブフォームやメールを通じて、改ざんの関連情報を提供してほしいと協力を求めている。

同センターによれば、「Gumblarウイルス」の改ざんに関する同センターへの届け出件数は、第3四半期は28件だったが、第4四半期には372件まで拡大しているという。

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに