Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年中に独自DLP製品を投入、仮想化環境対策も - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、2010年中に独自技術を備えたDLP製品や仮想化環境におけるセキュリティコンサルティングサービスを市場へ投入する見込みだ。

同社代表取締役社長の山野修氏が1月8日にメディア向け説明会で明らかにしたもの。同社は2009年に好調だった認証製品やログ管理製品、フィッシング対策サービスに加え、両分野のサービスを追加し、ラインナップを強化する。

100108rs1.jpg

同社代表取締役社長の山野修氏

詳細は伏せられているが、DLP製品は同社の独自開発製品で、山野氏は「先行他社にはない独自技術を組み込む」と自信を見せた。

さらにSaaSやクラウドにおけるセキュリティ対策が大きな話題になるとして、仮想化環境の導入を支援するサービス提供する計画。仮想化環境やクラウドサービスの導入など、企業に対してSLA契約内容や技術面におけるアドバイスなどコンサルティングメニューを追加する予定だ。

また同氏は、従来はそれぞれのセキュリティベンダーが対策ごとにセキュリティソリューションを提供してきたが、今後より効率的に対応できるエコシステムが求められると指摘。

同社が得意とする分野以外において強みを持った他社と提携することでエコシステムを構築し、同社を窓口にワンストップで幅広いセキュリティサービスの提供をめざすという。

100108rs2.jpg

RSAセキュリティ
http://japan.rsa.com/

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング