Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年中に独自DLP製品を投入、仮想化環境対策も - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、2010年中に独自技術を備えたDLP製品や仮想化環境におけるセキュリティコンサルティングサービスを市場へ投入する見込みだ。

同社代表取締役社長の山野修氏が1月8日にメディア向け説明会で明らかにしたもの。同社は2009年に好調だった認証製品やログ管理製品、フィッシング対策サービスに加え、両分野のサービスを追加し、ラインナップを強化する。

100108rs1.jpg

同社代表取締役社長の山野修氏

詳細は伏せられているが、DLP製品は同社の独自開発製品で、山野氏は「先行他社にはない独自技術を組み込む」と自信を見せた。

さらにSaaSやクラウドにおけるセキュリティ対策が大きな話題になるとして、仮想化環境の導入を支援するサービス提供する計画。仮想化環境やクラウドサービスの導入など、企業に対してSLA契約内容や技術面におけるアドバイスなどコンサルティングメニューを追加する予定だ。

また同氏は、従来はそれぞれのセキュリティベンダーが対策ごとにセキュリティソリューションを提供してきたが、今後より効率的に対応できるエコシステムが求められると指摘。

同社が得意とする分野以外において強みを持った他社と提携することでエコシステムを構築し、同社を窓口にワンストップで幅広いセキュリティサービスの提供をめざすという。

100108rs2.jpg

RSAセキュリティ
http://japan.rsa.com/

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず