Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京財団のサイトが改ざん被害 - 閲覧者にウイルス感染のおそれ

政策研究などを行う民間シンクタンクである東京財団のサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

同財団によれば、「Gumblar」の亜種に感染したことで、アカウントが盗まれ、日本語サイト内に設置されたページが改ざんされたという。改ざんは2010年1月5日19時30分ごろ発生し、修正が完了した6日11時54分までの間にアクセスした場合、ウイルスに感染した可能性がある。

同財団では、改ざん期間中にアクセスした利用者に対しウイルススキャンを実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ