Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新の脅威に対応する新技術を搭載したセキュリティアプライアンス - マカフィー

マカフィーは、セキュリティアプライアンスの最新版「McAfee Email and Web Security Appliance 5.5」を提供開始した。

同製品は、メールやウェブからの脅威を防ぐとともに、トラフィックや使用状況、ポリシーの管理などを実現するセキュリティアプライアンス。

今回発売した最新版では、新種のマルウェアに対しリアルタイムの保護対策を提供するクラウドベースの「Artemis」と、URLやIPアドレス、ドメイン、コンテンツのレピュテーションを行う「TrustedSource」など新技術を搭載し、最新の脅威に対応する。

また、URLフィルタリング機能が統合されたほか、ネットワーク設定の自動検出や設定ウィザードによりインストールが簡素化されるなど、機能の向上が行われた。価格は84万円から。

100108mf.jpg

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック