Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSがおもな感染源に、金銭詐取をねらった不正プログラムも増加 - BitDefender予測

BitDefenderは、2010年の情報セキュリティにおける脅威予測を取りまとめた。金銭詐取を目的としたマルウェアの巧妙化が予測されるほか、新しいOSや新技術をターゲットとした攻撃の増加が見込まれるとしている。

同社では、2010年について金銭詐取を目的としたアドウェアや偽セキュリティ対策ソフトが増加すると予測。また、ルートキット機能を持つファイル感染アプリケーションや、メール、IM、P2Pなどさまざまな感染経路を持つワームなど、さらに巧妙化したマルウェアの増加が見込まれるという。

新しいOSを狙った攻撃の増加も懸念され、Windows7やMac OS Xのほか、モバイル向けOSが攻撃対象となる可能性へ言及。2009年には、ジェイルブレイクされたiPhoneに感染するワームが確認されたが、2010年はモバイル向けOSを標的にしたあらたなワームや、パスワードを盗難するトロイの木馬が現れるとの見通しを示した。

2010年のおもな感染源としてSNSが悪用される可能性が高く、ユーザーを狙ったスパムやフィッシングが増加すると見込んでいる。ボットネットの活動も依然として活発で、配信される大量のスパムが脅威の中心を占めると指摘している。

このほか、クラウドコンピューティングや仮想マシンなど新技術をターゲットとした攻撃の増加や、ネットブックやPDAの利用増加によるセキュリティリスクの高まりが懸念されるとしている。

(Security NEXT - 2010/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
2020年における企業の「Windows 10」比率は約5割 - IDC Japan予測
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%