Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索サイト「Mooter」が改ざん、検索窓設置サイトにも影響 - 「Adobe Reader」のゼロデイ脆弱性を悪用

ムーターが運営する検索サイト「Mooter」が、2009年末に改ざんされたことがわかった。同社が提供する検索窓を設置するサイト運営者や閲覧者なども影響を受けるなど、被害が拡大するおそれがある。

同社によれば、2009年12月25日未明から同年12月28日夕方にかけて改ざんされ、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」における未修正の脆弱性を攻撃する不正なJavaScriptが埋め込まれたという。

同社の「検索窓」を設置しているウェブ運営者、および設置された検索窓で検索を実施したウェブ閲覧者にウイルス感染のおそれがある。また同社サイトを閲覧し、クリックを行った利用者にも感染した可能性がある。

ウェブサイト上に個人情報は保存しておらず、漏洩の心配はないという。また改ざんされたページの修正は完了している。同社では利用者に対し、オンラインスキャンの利用など対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ