Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年のウイルス届出件数、2000年以降2番目の低水準 - 12月は1000件の大台を割る

情報処理推進機構(IPA)は、2009年のウイルスの検出状況を取りまとめた。2000年に続く低水準となり、12月も1000件の大台を割っている。

12月のウイルス検出数は、前月の約7万件から約6万6000件へ減少した。検出数がもっとも多かったのは、「W32/Netsky」の約5万4000件で、同ウイルスが突出している状況は変わっていない。「W32/Mydoom」「W32/Whybo」が約4400件、約3300件で続いた。

同日中に発見した同種のウイルスを1件とカウントする届出件数では、1140件から981件同様に減っており、今回1000件の大台を割っている。

同機構によれば、2009年9月前後から急増した偽セキュリティ対策ソフトは減少しており、11月以降はほとんど確認されないレベルまで落ちているという。ただし、ボットによる配信などを通じて急増するケースもあるとして、引き続き注意するよう同機構では呼びかけている。

年間を通じて見ると、5万4174件まで増加した2005年をピークに、以降は減少傾向が続いており、2009年の届出件数は1万6392件だった。2000年以降で見ると、この数字は2000年の1万1109件に続く低水準となっている。

(Security NEXT - 2010/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に