Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトなど運営する3サイトで改ざんが発生 - 岐阜の自動車整備会社

自動車整備業や通販サイトなどを展開する恵那バッテリー電装は、運営する3サイトが、不正アクセスにより改ざんされたと発表した。閲覧者がウイルスに感染した可能性があるという。

改ざんが判明したのは同社サイトのほか、カーバッテリー通販サイトの「バッテリー110番」、ドライブレコーダーの紹介サイト「セーフティドライブ」など運営する3サイト。ウイルス感染によりサーバのアカウント情報が盗まれ、サイトが改ざんされたという。感染経路はわかっていない。

今回の改ざんにより、2009年12月26日12時40分から2010年1月4日11時の間にアクセスしたユーザーが、ウイルスに感染した可能性がある。サイトはすでに修正を行ったという。

感染した場合、偽セキュリティ対策ソフトが立ち上がり、PC内のデータが破壊されるそおそれもあるとして、同社ではサイトの利用者に対しウイルススキャンを実行するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬