Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約1600件含むATMジャーナルが所在不明 - ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行金沢支店において、顧客情報約1600件が記録されたATMジャーナル1個が、所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、同支店の福井出張所に設置されたATMで使用した2008年7月17日から同月20日の間の取引内容が記録されたジャーナル1個。約1600件の取引内容が記録されており、顧客の氏名、口座番号、取引金額などが含まれる。

2009年12月30日に判明したが、紛失に関連すると見られる顧客からの問い合わせや不正利用などの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2010/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組
12万4000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 滋賀銀行
全国22の郵便局でのべ32万人の顧客情報を紛失
10店舗で顧客情報含むATMジャーナルや帳票を紛失 - 琉球銀
6支店で顧客情報含む資料を紛失、一斉点検で判明 - 北日本銀