Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カゴヤのホスティングサーバが不正アクセス被害 - ウェブアプリの脆弱性狙われる

カゴヤ・ジャパンは、同社のホスティングサービスのサーバが不正アクセスを受け、改ざん被害が発生したことを明らかにした。設置していたウェブアプリケーションの脆弱性が原因だという。

同社サービス「スタンダード10プラン」の共有サーバに対して1月3日21時ごろに不正アクセスがあり、サーバ上に設置されていたフォトアルバムソフト「Flash Image Gallery(FIG)」の脆弱性が攻撃を受けたもの。不正プログラムが設置、実行されたため、攻撃の影響でサイトの閲覧やFTP接続が不安定になるといった影響が出たという。

同社では、翌4日6時半ごろに不正アクセスを受ける以前となる3日3時20分前後のデータへ復旧を実施。攻撃を受けたウェブアプリの削除を実施した。

(Security NEXT - 2010/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト