Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボット亜種「CRYP_BREDO-8」が週間ランキングで首位へ - トレンド調べ

トレンドマイクロは、12月14日から23日にかけて、国内や海外で感染や発見報告を受けたウイルスについて取りまとめた。

今回の国内のランキングでは、ボット機能などを持つトロイの木馬「TROJ_BREDOLAB」の亜種で、12月に発見された「CRYP_BREDO-8」が、前回7位からトップへと大きく順位を上げた。

一方首位だった「CRYP_KRAP」や、2位だった「MAL_OTORUN2」がいずれもひとつづつ順位を落としている。「TSPY_KATES」については、10位圏内に3種が居座っているほか、「JS_GUMBLAR.SMD」も下位ながら引き続きランクインを続けている。

海外では、引き続き「MAL_OTORUN2」や「FAKEAV」の勢力が強い。同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(12月14日から12月20日まで)

1位:CRYP_BREDO-8
2位:CRYP_KRAP
3位:MAL_OTORUN2
4位:WORM_DOWNAD.AD
5位:MAL_KRAP
5位:TSPY_KATES.SMF
7位:TSPY_KATES.SMOD
7位:JS_GUMBLAR.SMD
7位:ACM_AGENT.AVGL
10位:MAL_XED-21
10位:TSPY_KATES.SMB

全世界のウイルス感染および発見報告数(12月17日から12月23日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:CRYP_FAKEAV-17
3位:MAL_OTORUN1
4位:MAL_KRAP
5位:CRYP_KRAP
6位:CRYP_MANGLED
7位:CRYP_FAKEAL-3
8位:PE_VIRUX.F-1
9位:MAL_NAIX-7
10位:MAL_VUNDO-19

(Security NEXT - 2009/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく