Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトの改ざん、「JRE」の脆弱性も攻撃対象 - JPCERTが注意喚起

正規ウェブサイトが改ざんされ、脆弱性を悪用して閲覧者にウイルスを感染させようとする攻撃が多発している問題で、JPCERTコーディネーションセンターは、Java実行環境である「JRE」の脆弱性が攻撃に利用されていることが確認されたとして、利用者へアップデートを呼びかけている。

同センターでは、ウェブ閲覧者のPCへインストールされた脆弱性を含むバージョンの「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat「Adobe Reader」が攻撃に利用されているとして、攻撃が増加した10月より注意喚起を展開してきたが、あらたにJREの脆弱性も攻撃の対象となることが判明し、情報をアップデートしたもの。

JREのアップデートにあたっては、一部利用できなくなるソフトもあるため、その点を考慮した上で最新版を適用するよう呼びかけている。

Java
http://www.java.com/ja/

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社