Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員名簿の持出による漏洩が2月に発生 - パナソニック関連会社

パナソニックファクトリーソリューションズは、2009年2月に従業員の名簿が外部へ持ち出され、漏洩していたことを明らかにした。

流出が判明したのは、異動検討用として作成された従業員の名簿。氏名、年齢、所属部署、職位などが記載されていた。

同社では関係官庁へ漏洩を報告。これまで、流出した情報の不正使用などは報告されていないという。また公表が遅れた理由について、社内調査に時間を費やしたためと説明している。

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大